うつのみやマップ−宇都宮市が地図・マップでわかる、地域情報サイト

 
     
 
うつのみやマップ
 
     
 
 
 


メニュー

特集
宇都宮餃子特集
■中はジューシー、外はパリパリ、熱々の餃子があなたをまっています。
厳選特集一覧
■宇都宮の街が楽しくなる特集。
過去の宇都宮イベント情報等をご紹介いたします。

関連サイト
 

宇都宮餃子特集

餃子のおいしい作り方
焼き餃子の作り方
フライパンに油を引き、十分に温めます。油の量は卵焼きを作るときくらいが目安。 冷凍生餃子の場合は凍ったままで並べます。このとき、餃子の間を少し空けぎみにします。 並べたらすぐにお湯または水をかけます。量は餃子の三分の一程度の高さにします。 フライパンに蓋をして強火で蒸し焼きにします。水分がなくなるまで焼き上げてください。 油は、サラダ油でも、ゴマ油でも。サラダ油ならさっぱり風、ゴマ油ならコクのある味になります。 餃子は焼き上がると多少膨らみます。くっつきすぎていると皮が破れたり火の通りが悪くなります。 水の量はあくまで目安。少ないと生焼けになったり、皮がかたくなったりします。水がすこしくらい多くても時間がかかるだけです。


水餃子の作り方
鍋にたっぷりお湯を湧かします。沸騰したら餃子(凍ったままでも可)を鍋に入れます。 そのまま4〜6分ほど火にかけ、全体がふっくらとして、餃子の皮の合わせめまで 透き通ってきたら、出来上がりです。餃子はお湯と一緒に器によそって下さい。 餃子は、茹で上がってくると脹らみます。熱湯の勢いで自然に泳ぐ程度のお湯で調理して下さい。 水餃子は、お湯の量や皮の色の変化などの加減を、 うどんを茹でる要領で行うと上手につくれます。茹で時間は、火力やお好みによっても異なります。 水餃子は、まずタレをつけてお召し上がりください。 スープにタレなどで味つけをすると、また違った味。


揚げ餃子の作り方
深めのお鍋で、油を160℃まで熱します。餃子(凍ったままでも可)を鍋に入れ、全体がキツネ色に揚がったら、 出来上がりです。よく油をきってお召し上がりください。 餃子を入れたときに油が沸き立ち、吹きこぼれる場合があります。 深めの鍋で調理して下さい。 油の温度が下がらないように、1度に6個程度を揚げるようにしてください。 油の温度や皮の色など、天ぷらを揚げる要領で行うと上手につくれます。



餃子のたれ作り方
餃子のタレは、一般的にしょう油・酢・ラー油を合わせてつくります。付属の タレ以外にも、ご自分のお好みで味付けをすればOKです。餃子の本場は中国の天津・北京だそうですが、そこの人たちはお酢6・7に醤油3・4の割合 でタレをつくり、あまり唐辛子油は使いません。 いわゆる「北京の通人」達は、酢だけのタレで食べるのが最高だ、などと言っているそうです。

 
   
   
 

「うつのみやマップ」は、宇都宮商工会議所・渇コ野新聞社・第一測工鰍フ三者が運営する宇都宮の地域ポータルサイトです。

当サイトはリンクフリーです。リンクする場合はトップページにお願いします。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
バナーを掲載される方は、こちらから取得できます。