うつのみやマップ−宇都宮市が地図・マップでわかる、地域情報サイト

 
     
 
うつのみやマップ
 
     
 
 
     
 
PR

2017年9月26日
■ ブレックス、田臥選手らが市長表敬訪問 2連覇に向け抱負
 【宇都宮】プロバスケットボールBリーグ開幕を直前に控え、昨シーズン優勝した栃木ブレックスのキャプテン田臥勇太(たぶせゆうた)選手らが25日、市役所に佐藤栄一(さとうえいいち)市長を表敬訪問し、連覇に向けて抱負を語った。 
■ まちなか、文化一色に染まる 宇都宮で文化協会まつり
 文化芸能を発信する「うつのみや文化協会まつり2017」が23日、江野町のオリオンスクエアで開かれ、初秋の街なかが文化芸術一色に染まった。 
■ グルメとライブで小旅行気分を 映画公開記念「台湾フェス」
 日台共同制作映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」の完成を記念したイベント「宇都宮トキメキ☆台湾フェス」(同実行委員会主催)が29、30の両日、江野町のオリオンスクエアで初開催される。小籠包やギョーザなどのグルメや台湾出身歌手らのライブが楽しめるほか、初日にはヒカリ座での公開に合わせトークショーも実施。映画とイベントを体感すれば、小旅行気分が味わえそうだ。 
2017年9月25日
■ 全県警報を発令 交通死亡事故10日間で8件
 県内で14〜23日までの10日間に8件の交通死亡事故が発生、8人が死亡したことを受け、県交通安全対策協議会(会長・福田富一(ふくだとみかず)知事)は24日、交通死亡事故多発全県警報を発令した。警報発令は今年6回目で、全県警報は2015年3月以来。 
■ 栃木1区、構図固まる 短期決戦、知名度不足どう克服
 10月10日公示−同22日投開票予定の衆院選で、民進党県連が栃木1区に元在外公館契約職員で松下政経塾出身の渡辺典喜(わたなべのりよし)氏(34)の擁立を決めたことで、戦いの構図がほぼ固まった。自民現職、無所属元職、共産新人の四者入り乱れての激戦となる。民進の1区公認候補予定者だった柏倉祐司(かしわくらゆうじ)氏(48)の除籍処分から、わずか3日でのスピード擁立。ただ、公示まで残り2週間という短期決戦で、知名度不足をどう克服するのか。共産党との野党共闘の行方にも注目が集まる。 
■ 全国高校珠算大会で宇商8位入賞 県勢20年ぶり快挙
 第64回全国高校珠算・電卓競技大会(全国商業高校協会など主催)が8月、都内で開かれ、珠算の部団体で宇都宮商業高が8位入賞を果たした。県勢の10位以内入賞は1997年の栃木商業高の3等(10位相当)以来、20年ぶり。同校の10位以内入賞は62年の3等(9位相当)以来、55年ぶりとなる。 
2017年9月24日
■ 宇都宮の馬事公苑、移転後初のオープンデー
 日本中央競馬会(JRA)は23日、宇都宮市砥上町の馬事公苑宇都宮事業所で「オープンデー」を開催した。多くの家族連れらがショーや乗馬体験などを通して馬との触れ合いを楽しんだ。 
■ 文星芸大が授業新設 来春、「地域文化創生コース」
 文星芸術大は芸術分野の専門性を生かした地域連携事業にさらに力を入れようと、来春、「地域文化創生コース」をスタートさせる。地域の歴史や文化を学び、地域活性化の要として活躍できる人材を育成するのが狙い。既に、同コースでの授業活用を目的としたアートプロジェクトが足利市内で進められている。 
■ ドッジボール全国3位 宇都宮の少年団 市長に上位入賞報告
 8月にさいたま市で開かれた小学生の第27回全日本ドッジボール選手権全国大会に県代表として出場し、3位に輝いたスポーツ少年団「SG Special(エスジー・スペシャル)」の選手らが22日、市役所を訪れ、佐藤栄一(さとうえいいち)市長に県代表初となる上位入賞を報告した。 
2017年9月23日
■ 最大30学級、校名は20年度中に決定 ゆいの杜新設小基本設計
 【宇都宮】市教育委員会は22日、テクノポリスセンター地区・ゆいの杜(もり)3丁目に新設する小学校の基本設計を明らかにした。敷地面積は3・2ヘクタールで鉄筋コンクリート造3階建て。普通教室30学級、特別支援学級、特別教室などを備える。学校名は2020年度中に決定、21年4月に開校する。 
■ 「和顔地蔵」10月末から宇都宮に 茂木・慈眼寺の住職協力 
 【茂木】東日本大震災で亡くなった人の慰霊と復興を祈願して作られた地蔵が全国を巡行する「和顔地蔵(わげんじぞう)DE復興プロジェクト」を県内で知ってもらおうと、木幡、慈眼寺(じげんじ)住職高岡哲也(たかおかてつや)さん(58)が、飲食店やホテルに期間限定で地蔵を設置する活動に取り組んでいる。県内では次回、10月31日から1カ月間ほど、宇都宮市横山町の「JGM宇都宮ゴルフクラブ」に置かれる予定。高岡さんは「時がたっても、震災があったことを忘れていないと被災地に伝えたい」と話す。 
■ ブレックス「今季もチーム一丸」 開幕前に選手ら意気込み
 2017−18シーズンの開幕を前に、Bリーグ初代王者の栃木ブレックスは22日夜、宇都宮市内でスポンサーら約300人を招いた「ティップオフパーティー」を開き、選手たちが今季に懸ける意気込みを語った。 
2017年9月22日
■ 「図書館の本売ります」 除籍本のリサイクル市、順次開催へ
 【宇都宮】市内4図書館で、不要になった「除籍本」を安価に提供する「リサイクル市」が今月下旬から来年初頭にかけて順次開かれる。24、25の両日に開催する明保野町の市中央図書館では、6年前にスタートして以降、人気イベントとして定着。今回は5千冊に上る除籍本を用意しているといい、担当者は「掘り出し物が見つかるかもしれません」と、多くの来場を呼び掛けている。 
■ マスクの不満を解決 宇都宮のポリ・スタジオ
 機械設計業のポリ・スタジオ(宇都宮市陽東5丁目、野崎靖(のざきやすし)社長)は、インターネット上で資金を集めるクラウドファンディング(CF)を活用して使い捨てマスクに取り付けるフレーム「Maskal(マスカル)」を開発し、自社のネットショップで販売している。 
■ ブレックス・生原選手、グラビアアイドル和地さんが一日署長
 秋の交通安全県民総ぐるみ運動初日の21日、県内各地で女優などが一日警察署長を務め、交通安全を呼び掛けた。運動は30日まで。 
2017年9月21日
■ 栃木1区の柏倉氏、民進を離党 衆院選は「新党も選択肢」
 10月10日公示、同22日投開票を軸に調整されている衆院選で、民進党で栃木1区から立候補を予定していた柏倉祐司(かしわくらゆうじ)氏(48)は20日、下野新聞社の取材に対し、同党を離党し無所属で立候補する意向を示した。核・ミサイルの挑発行為を繰り返す北朝鮮問題に対し「具体案を示せていない」と党の安全保障政策を批判。無所属で、幅広い層への浸透を目指す。同党で離党者が相次ぐ中、党県連も大幅な選挙戦略の見直しを迫られそうだ。  
■ 世界3大レース覇者・コンタドール、初来日初参戦 ジャパンカップ
 宇都宮市で来月開催されるアジア最高位の自転車ロードレース「2017ジャパンカップサイクルロードレース」に、世界的英雄のアルベルト・コンタドール選手(34)=スペイン、トレック・セガフレード=が初出場することが決まった。都内で20日開かれた記者発表会で主催者が明らかにした。来日するのも初めてで、世界3大レースの史上5人目の完全制覇者が“輪都”宇都宮を盛り上げる。 
■ 「女の平手打ちまねた」逮捕の男が供述 障害者施設傷害事件
 宇都宮市西刑部町の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者男性が重傷を負った事件で、傷害の疑いで逮捕された当時就労訓練中だった那須町湯本、無職佐藤大希(さとうだいき)容疑者(22)が県警の調べに「(逮捕された職員の女の)まねをして平手打ちをした」などと供述していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。男性とは別の入所者への暴行も認める供述をしており、県警は同容疑で逮捕された職員の女の言動が影響したとみている。 
2017年9月20日
■ 歌声、厳かに響く 「アマービレ」が松が峰教会で演奏会
 【宇都宮】宗教曲をメインに歌う混声合唱団「コーロ・アマービレ」は16日、松が峰1丁目のカトリック松が峰教会で教会コンサートを開き、238人の観客が厳かな響きを楽しんだ。 
■ 宇都宮市元今泉7丁目、県内住宅地で地価上昇率トップ
 県は19日、7月1日時点の県内地価(基準地価、447地点)を公表した。1平方メートル当たりの平均を見ると、前年と比べ住宅地では小山市が25年ぶり、下野市が22年ぶりにそれぞれプラスへ転じた。上昇率はともに0・1%。商業地では下野市が3年連続で上昇のプラス0・9%、宇都宮市はプラス0・3%と26年ぶりに上昇した。県央や県南のJR宇都宮線沿線と主要道路沿いで回復傾向が続いている。 
■ ブレックス歴代社長ら、創立10年思い出語る トークイベント
 B1栃木ブレックスは19日夜、宇都宮市江野町のオリオンスクエアでチーム創設10周年の特別トークイベントを開き、山谷拓志(やまやたかし)前社長(現B2茨城代表)や鎌田真吾(かまたしんご)社長などが創設期の苦労話などを披露した。 
2017年9月19日
■ 県高校進学フェアに5000人 受験生ら情報収集
 県内の各高校が進路相談に応じる「県高校進学フェア2017」(下野新聞社主催)が18日、県央、県南の2会場で開かれた。受験生や保護者ら計約5千人が訪れ、志望校の入試内容や学校の様子について熱心に質問していた。 
■ 作新辛勝、延長で小山退ける 秋季県高校野球
 第70回秋季県高校野球大会兼第70回関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、下野新聞社など後援)第6日は18日、県営と清原球場で3回戦4試合を行い、小山南、白鴎足利、文星付、作新の4校がベスト8進出を決めた。 
■ ノーベル物理学賞の梶田所長ら、宇宙を語る 講演に1000人
 【宇都宮】日本物理学会秋季大会市民科学講演会が18日、本町の県総合文化センターメインホールで開かれた。テーマは「宇宙と素粒子でひもとく世界」で、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章(かじたたかあき)東京大宇宙線研究所長と世界の第一線で活躍する村山斉(むらやまひとし)東京大カブリ数物連携宇宙研究機構長が講演、高校生ら約1千人が最新の研究の一端に触れた。 
2017年9月18日
■ ママの産後うつ、歌声で解消 教会牧師が交流会主宰
 音楽を通して産後うつの解消を−。親子がゴスペルやリトミックなどを楽しむ交流会「ベビーゴスペルセンター」が毎月第2、4の金曜日、岩本町のレンタルスペース「暮(く)ら箱」で開かれている。主宰するのはプロテスタント教会の牧師池田真也(いけだしんや)さん(37)=豊郷台3丁目。子育て中の母親に元気になってもらうことが狙いだ。 
■ 宇都宮タワー、認知症照らすオレンジに 啓発色でライトアップ
 21日の「世界アルツハイマーデー」を前に、塙田5丁目の八幡山公園にある宇都宮タワーが17日夜、降雨の中で認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色にライトアップされた。 
■ 運転技術、科学的に診断 20日から宇都宮清原自動車学校
 漫然運転や操作ミスによる重大事故の多発が社会問題化する中、全国各地の自動車学校で20日、運転動作のデータを測定し、事故予防に役立てる「ブラッシュアップ講習」がスタートする。運転レベルを科学的に診断することで、運転技術に磨きをかけることが狙い。県内では宇都宮市鐺山(こてやま)町の宇都宮清原自動車学校(片山栄喜(かたやまえいき)校長)で始まる。 
2017年9月17日
■ 栃木SCとエコ協定締結 市、環境問題への取り組み推進
 【宇都宮】環境問題への意識を高め、取り組みを一層推進しようと、市とサッカーJ3の栃木SCは16日、清原工業団地の県グリーンスタジアムでエコパートナーシップ協定を締結した。市がエコ活動に関するパートナーシップ協定を締結するのは初めて。 
■ 「中世宇都宮氏」展開幕、県内外から歴史ファン 県立博物館
 県立博物館の開館35周年を記念する特別企画展「中世宇都宮氏−頼朝・尊氏・秀吉を支えた名族」(同館、下野新聞社など主催)が16日、開幕した。「宇都宮氏」としての本格展示は初めてで、初日から県内外の歴史ファンでにぎわった。 
■ 県内、移住者増へ積極的 施策23市町、全国上回る
 県内25市町のうち、人口増加に向けた移住相談、住宅確保や就業支援などに取り組んでいるのは92%の23市町に上ることが16日、共同通信の調査で分かった。全国で取り組んでいる市区町村の割合78・3%よりも13・7ポイント上回った。壬生町が「検討している」、塩谷町が「行っていない」と答えたが、それ以外の市町は空き家バンクや住宅費補助、起業促進補助金などさまざまな事業を通じて移住者の取り込みに躍起だ。一方、現状では成果が乏しいと答える市町もあり、移住者を呼び込む難しさも浮かぶ。 
 
関連サイト
特集
宇都宮餃子特集
■中はジューシー、外はパリパリ、熱々の餃子があなたをまっています。
宇都宮市中心市街地空き店舗情報システム
■宇都宮市中心市街地空き店舗情報システムは、中心市街地の健全な活性化を目指しています。
5月、6月のイベント情報
■7月、8月に宇都宮市内で行われるイベント情報や、ちょっと気になる街なかのお店を紹介します。
パノラマでうつのみや
■宇都宮の街をパノラマで観てみよう!
関連サイト
 
         
 

「うつのみやマップ」は、宇都宮商工会議所・渇コ野新聞社・第一測工鰍フ三者が運営する宇都宮の地域ポータルサイトです。

当サイトはリンクフリーです。リンクする場合はトップページにお願いします。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
バナーを掲載される方は、こちらから取得できます。