うつのみやマップ−宇都宮市が地図・マップでわかる、地域情報サイト

 
     
 
うつのみやマップ
 
     
 
 
     
 
PR

2017年7月22日
■ 幸運の前触れ、二つのつぼみ「双頭蓮」 宇都宮の民家で育つ
 【宇都宮】泉が丘3丁目、総合型地域スポーツクラブマネジャー森田哲夫(もりたてつお)さん(66)が自宅で育てるハスが、二つのつぼみを付けた「双頭蓮(そうとうれん)」となり、週明けにも開花する見通しになった。 
■ 県学童野球、22日から熱戦スタート
第48回県学童軟式野球大会(県野球連盟、下野新聞社主催)は22日、県総合運動公園A球場など11会場で1、2回戦37試合を行い、延べ8日間にわたる熱い戦いがスタートする。

 大会には県内各市町の予選を勝ち上がった138チームが出場。前回王者の絹学童(小山)、今春の全日本県予選を制した馬頭ラッキー(那珂川)の両チームなどは、大会第2日、23日の2回戦から登場する。

 決勝は30日午前10時から、県営本球場で行う予定。 
■ ゲリラ豪雨「栃木県313回予測」 ウェザーニューズ、今夏予想
 気象情報会社(千葉市)は21日までに、突発的、局地的に激しく降る「ゲリラ豪雨」について、今夏(7〜9月)の都道府県別の予想回数を発表した。本県は313回と、全国3位の高い頻度の発生を予想。発生のピークは全国的に8月中旬ごろが見込まれ、お盆休みなどに注意が必要となりそうだ。 
2017年7月21日
■ 空襲や戦中の暮らしの記憶伝える 宇都宮で資料展示
 【宇都宮】宇都宮空襲展「国破れて惨禍あり」が23日まで、江野町のオリオンACぷらざで開かれている。戦災の記憶を伝える活動をしている「ピースうつのみや」(田中一紀(たなかかずのり)代表)が主催しており、今年で33回目。23日まで。 
■ 学童たちの熱い夏 県学童野球開会式、138チーム入場行進
 第48回県学童軟式野球大会(県野球連盟、下野新聞社主催)は20日夜、宇都宮市の清原球場で開会式を行い、地区予選を勝ち上がった138チームが球場いっぱいに声を響かせながら、堂々の入場行進を披露した。 
2017年7月20日
■ 就労訓練事業所を初認定 生活困窮者の自立支援へ
 【宇都宮】市は18日、生活困窮者を対象に一般就労に向けた中間的就労を行う「就労訓練事業所」に、社会福祉法人「共生の丘」(森克己(もりかつみ)理事長)が運営する飯田町の救護施設・共生の杜(もり)を市内で初認定した。市によると、認定は足利市と野木町の事業所に続いて県内3カ所目。段階的な就労訓練を通じ、生活困窮者の自立につながる取り組みが期待されている。 
■ 作新、文星付などベスト4出そろう 高校野球栃木大会第10日
 第99回全国高校野球選手権栃木大会第10日は19日、県営、清原の両球場で準々決勝を行い、青藍泰斗、作新、文星付、国学栃木が勝ち上がり、ベスト4が出そろった。 
■ 県内で梅雨明け 公園の噴水などにぎわう
 気象庁は19日、関東甲信や中国、四国、近畿、東海で梅雨明けしたとみられると発表した。関東甲信は平年より2日早く、昨年と比べると10日早かった。 
2017年7月19日
■ 税滞納者の差し押さえ物件、オークション前に下見会
 【宇都宮】悪質な税の滞納者を対象に、差し押さえた物件をインターネットの官公庁オークションサイトで公売する市は18日、現物を見て入札してもらおうと市役所2階の一角で公売物件(動産)の下見会を開いた。指輪やウルトラセブン人形など14点を展示している。19日まで。 
■ 工事現場囲いに「日本代表」 サッカーW杯出場へ写真で応援
 【宇都宮】サッカー男子日本代表の写真フィルムを貼った安全確保用のパネル(仮囲い)が西川田本町2丁目の工事現場にお目見えし、通行人らを楽しませている。11月末ごろまで設置されるという。 
■ 中心街地主の7割「駐車場活用に満足」 市アンケート
 【宇都宮】市が中心市街地の今後の土地活用検討のために実施した「土地の利活用に関するアンケート」で、駐車場などに利用する土地所有者の約7割が現状を「満足」と回答し、約5割が「将来も現在の土地利用を継続したい」と回答していることが、18日までに分かった。 
2017年7月17日
■ 医師志望、熱意新たに 高校生が模擬手術 県立がんセンター
 県立がんセンター主催の高校生向け講座「Cancer Student Seminar」が16日、宇都宮市陽南4丁目の同病院で行われ、5高校の1、2年生24人が模擬手術などを通じてがんを学んだ。 
■ イクボス充実栃木県7位 NPO調査・都道府県別ランキング
 部下の仕事と家庭生活の両立を応援する「イクボス」の都道府県別充実度ランキングで、本県が全国7位となったことが16日までに、全国でイクボスを推進するNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京都)のアンケートで分かった。同NPO法人によると、県と県内の企業や団体が共同運営する「とちぎ女性活躍応援団」の設立や、女性活躍のための行動アピールを決定したことなどが評価されたという。 
■ 真岡、延長で矢板東下す 高校野球栃木大会第8日
 第99回全国高校野球選手権栃木大会第8日は16日、県営、清原の両球場で3回戦4試合を行い、シード白鴎足利のほか文星付、真岡、国学栃木がベスト8に進出した。 
2017年7月16日
■ 95段の石段駆け上がり、親子みこし対面 須賀神社天王祭
 宇都宮二荒山神社の末社・須賀神社天王祭の恒例行事「親子みこし対面」が15日夜、宇都宮市中心部で行われ、各町内の子どもみこし約30基が勇ましく石段を駆け上った。 
■ 宇都宮美術館でKIGI展 ポスターなど200点展示
 宇都宮美術館で16日開幕するクリエイティブユニット「KIGI」(キギ)の大規模な個展「KIGI WORK&FREE」(同館、下野新聞社主催)の内覧会が15日、宇都宮市長岡町の同館で開かれた。関係者約200人が、デザインの可能性を感じさせる作品などを堪能した。 
■ 県内の地酒を堪能 オリオンスクエアで「ささらガーデン」
 【宇都宮】県内の地酒が楽しめる「ささらガーデン」が14日夜、江野町のオリオンスクエアで開かれ、市内外から訪れた来場者がさまざまな栃木の酒を味わった。県内の豊富な地酒の魅力を発信しようと県酒造組合が主催。今回は同組合に加入する32の酒蔵が参加し、自慢の酒を振る舞った。 
2017年7月15日
■ 1千万年前のクジラも 県立博物館で15日から北関東化石展
 【宇都宮】本県と茨城、群馬両県で見つかった貴重な化石を展示する県立博物館の企画展「大集合!北関東の動植物化石」の内覧会が14日、同館で開かれた。同展は15日から8月27日まで。 
■ 油絵36点、波乱の人生映す 上三川の増渕さん、宇都宮で個展 
 【上三川】息子の介護をしながら油絵に打ち込む上文挟、増渕良子(ますぶちりょうこ)さん(74)の初個展が16日まで、宇都宮市本町1丁目の県総合文化センター第1ギャラリーで開かれている。作品の題材は、町内の鬼怒川河川敷の崩れた消波ブロックや流れ着いた自転車、枯れ草などが大半を占める。力作36点を出品している増渕さんは「波瀾(はらん)万丈の人生だった。それが絵に反映されているのかもしれない」と語り、多くの来場を呼び掛けている。 
■ JA職員47万円着服 組合員資金など遊興費に
 JAうつのみや南部営農経済センター(宇都宮市砂田町)に勤務する男性職員(28)が、組合員から集めた事業資金など約47万円を着服していたことが14日、分かった。職員は着服した金を全額弁済していることから、同JAは刑事告訴しない方針。職員の懲戒処分を検討している。 
2017年7月14日
■ 職員が危険対応学ぶ 行政対象暴力に備え宇都宮市
 【宇都宮】行政対象暴力に備えて市は12日、「身の危険を感じた場合の対応研修」を市役所で開いた。職員40人が現職警察官らから、身体の守り方などを学んだ。 
■ 高校野球栃木大会2回戦 14日から熱戦再開
 第99回全国高校野球選手権栃木大会は14日、県営球場など3会場で2回戦8試合を行う。 
■ インターハイ栃木県選手団結団式「最後まで戦い抜く」
 山形、宮城、福島の3県を中心に28日開幕する全国高校総体(インターハイ)に出場する本県選手団の結団式が13日、県教育会館で行われた。選手団は22〜24日の関東大会で出場選手が決まる水泳を除く29競技の選手537人をはじめとする計699人。この日は約480人が参加し、夢舞台に向けて士気を高めた。 
2017年7月13日
■ ベルト持参で勝利報告 女子ボクシング王者・後藤さん
 【宇都宮】3月に行われた東洋太平洋女子スーパーバンタム級王座決定戦でチャンピオンになった宇都宮中央女子高出身の女子プロボクサー後藤(ごとう)あゆみ選手(29)=ワタナベボクシングジム所属=が11日、市役所に佐藤栄一(さとうえいいち)市長を表敬訪問した。後藤選手は王座獲得を報告し、今後の抱負を語った。 
■ 宇都宮の灯籠流し、悪天候で初の中止
 【宇都宮】宇都宮空襲の犠牲者を追悼するため、12日夜に市中心部の田川で予定されていた16回目の灯籠流し(ピースうつのみや主催)は、悪天候のため中止となった。これまでも天候の影響で延期になることはあったが、中止は初めてという。 
■ 心癒やすネムノキの花 豆田川沿い、7月中旬まで見頃
 【宇都宮】新里町丙の豆田川沿いに自生しているネムノキが小さなピンク色の花を咲かせ、道行く人たちを楽しませている。 
2017年7月12日
■ 撃退機器設置で「迷惑電話減った」9割 市消費生活センターまとめ
 【宇都宮】振り込め詐欺など特殊詐欺の被害を防ぐため、自宅の固定電話機に「特殊詐欺撃退機器」を取り付けた人の約9割が「迷惑な電話が減った」と効果を実感していることが、市消費生活センターが初めて実施したアンケートで分かった。センターは昨年度から撃退機器を市民に無料で貸し出しており、「被害防止に有効」と機器の活用を呼び掛けている。 
■ LRT駅西を延伸 大通りバス路線も再編 宇都宮市検討
 JR宇都宮駅東側で次世代型路面電車(LRT)事業を進める宇都宮市は11日、市議会議員協議会で2018年度内着工、22年3月開業の整備スケジュールを正式発表した。開業に合わせた駅東側のバス路線再編案を公表するとともに、駅西側のLRT整備とバス再編のイメージも初めて示した。駅西側は当初計画の「桜通り十文字付近まで」から、さらに延伸を検討する。LRTと重なる大通りのバス路線も再編し、公共交通の空白地域や拠点間を結ぶ幹線バス路線の強化用に振り向け、公共交通ネットワーク化を推進する。 
■ ブレックス日本一導いた名将 ウィスマン監督退団
 男子プロバスケットボールB1の栃木ブレックスは11日、計5シーズンにわたって指揮を執ってきたトーマス・ウィスマン監督(68)の契約満了を発表した。今後契約の継続交渉はせず、ブレックスをBリーグ初代王者に導いた名将がチームを去ることが決まった。後任は未定。 
2017年7月11日
■ バス再編150本増、LRT結び利便性向上 JR駅東側再編案
 JR宇都宮駅東側(宇都宮市宮みらい−芳賀町下高根沢の14・6キロ区間)で次世代型路面電車(LRT)事業の計画を進める宇都宮市は10日までに、LRTの開業に合わせた駅東側のバス路線の再編案をまとめた。路線の新設や経路変更を行い、1日当たりの運行数を現状より150本程度増やす方針。LRTの乗り継ぎ拠点とルート外にある工業団地や大学などをバスで結び、効率的な公共交通ネットワークを構築する。11日に開かれる市議会議員説明会で概要を説明する。 
 
関連サイト
特集
宇都宮餃子特集
■中はジューシー、外はパリパリ、熱々の餃子があなたをまっています。
宇都宮市中心市街地空き店舗情報システム
■宇都宮市中心市街地空き店舗情報システムは、中心市街地の健全な活性化を目指しています。
5月、6月のイベント情報
■7月、8月に宇都宮市内で行われるイベント情報や、ちょっと気になる街なかのお店を紹介します。
パノラマでうつのみや
■宇都宮の街をパノラマで観てみよう!
関連サイト
 
         
 

「うつのみやマップ」は、宇都宮商工会議所・渇コ野新聞社・第一測工鰍フ三者が運営する宇都宮の地域ポータルサイトです。

当サイトはリンクフリーです。リンクする場合はトップページにお願いします。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
バナーを掲載される方は、こちらから取得できます。