うつのみやマップ−宇都宮市が地図・マップでわかる、地域情報サイト

 
     
 
うつのみやマップ
 
     
 
 
     
 
PR

2017年3月27日
■ 内覧会兼ねてコンサート リニューアル終えた市文化会館
 【宇都宮】4月1日にリニューアルオープンする明保野町の市文化会館で26日、内覧会を兼ねた県交響楽団(栃響)のファミリーコンサートが開かれた。 
■ 潜在保育士に復職呼び掛け 市、商業施設で初のPR活動
 【宇都宮】待機児童ゼロを目指し、市は21〜23日の3日間、保育士の人材確保を目的にした広報活動を市内のショッピングセンターなどで実施した。商業施設といった外部でのPR活動は初の試みで、復職に結び付きそうなケースも見られた。保育士資格を持ちながら出産などを機に働いていない潜在保育士の再就職につなげるため、市は今後もさまざな手法で取り組む方針だ。 
■ 開校10年記念し自習室整備 宇都宮東高付中
 【宇都宮】宇都宮東高付属中は開校10周年を記念し、生徒たちが自主学習に活用できる「自彊(じきょう)室」を3階管理棟に設置し、24日にお披露目式を行った。春休み期間の27日から利用を開始する。 
2017年3月26日
■ 河津桜に和の催し 宇都宮城址公園で桜まつり
 【宇都宮】「よみがえれ!宇都宮城」市民の会主催の「宇都宮城桜まつり」が25日、宇都宮城址(じょうし)公園で開かれ、晴天の下、多くの親子連れなどが河津桜と和の催しを楽しんだ。 
■ ブレックス、快勝でCS進出決める
 バスケットボールB1の栃木ブレックスは25日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で東地区最下位の仙台と対戦、86−53で快勝し、Bリーグ初年度の年間優勝を争うチャンピオンシップ(CS)進出を決めた。 
■ センバツ2回戦へ練習再開 作新
 初戦を終えて休養を取った作新ナインは25日、大阪府高槻市内の球場で練習を再開した。27日の秀岳館(熊本)との2回戦を前に練習にも一層熱が入った。 
2017年3月25日
■ 宇都宮美術館、20年の歩みと課題は 谷館長に聞く
 23日に開館から20年を迎えた宇都宮美術館。開館以来、館長を務めてきた谷新(たにあらた)氏に、これまでの歩みや今後の課題を聞いた。 
■ 作新ナイン、完全休養 センバツ初戦突破から一夜明け
 第89回選抜高校野球大会1回戦を勝利で飾った作新ナインは一夜明けた24日、完全休養を取って体を休めた。 
■ 宇都宮市が「立地適正化計画」 都市機能の誘導へ独自補助
 宇都宮市は24日、コンパクトなまちづくりを進めるための「立地適正化計画」を策定したと発表した。駅や計画中の次世代型路面電車(LRT)停留場周辺など、市内10カ所に都市機能誘導区域を設定。エリア内に民間が新たに商業施設や病院を整備、または既存施設を大規模改修する場合など、市独自の補助制度を適用する。対象施設はエリアごとに異なるが、施設整備費の10%(上限は市中心部の高次都市機能誘導区域内が3億円、他エリアは1億円)として補助する。 
2017年3月24日
■ 天国の母に捧げたセンバツ安打 作新・相原選手
 最も活躍を見せたかった人は天国から拍手を送ってくれたはずだ。23日に行われた選抜高校野球大会1回戦で大勝した作新学院高。5番打者として2安打2打点をマークし勝利に貢献した相原光星(あいはらこうせい)右翼手(17)は、校歌を歌いながら中学2年の7月に亡くなった母・美穂子(みほこ)さん(享年49歳)に心の中で勝利を報告した。「(母に)良い姿を見せられた」。 
■ 宇都宮市の独自施策を紹介 東京で「地方分権改革シンポ」
 内閣府主催の「地方分権改革シンポジウム」が23日、東京都内で開かれ、佐藤栄一(さとうえいいち)宇都宮市長が、地方分権の取り組みとして、地域づくりや子育て、経済活性化など市の独自施策を紹介した。 
■ 災害復旧で各市町を支援 県が「技術アドバイザー」制度
 県県土整備部の退職者が県内市町の要請に応じて災害復旧の技術的助言などを行う「県災害復旧技術アドバイザー制度」の創設・認定書授与式が23日、県庁で行われた。9人が同アドバイザーに認定され、制度がスタートした。 
2017年3月23日
■ 「新たな挑戦者として」作新センバツ初戦へ 本番前に最終練習
 選抜高校野球大会第4日は23日、1回戦3試合を行い、作新は帝京五(愛媛)と対戦する。初戦前日の22日、作新ナインは大阪府豊中市の豊中ローズ球場で汗を流し、本番を前に守備の連係などで最終チェックを行った。 
■ 抗ウイルス繊維を製品化 宇都宮のマルゼン「SEK」認証取得
 繊維製品製造卸のマルゼン(宇都宮市問屋町、善林隆充(ぜんばやしたかみつ)社長)は、繊維評価技術協議会(繊技協)が繊維製品の機能性を認証するマーク「SEK」を抗ウイルス加工で取得した。綿ニット製の抗ウイルスマスクを製品化し、クリーニングのフジドライ(宇都宮市平出工業団地、岡崎善胤(おかざきよしたね)社長)の約70店舗で販売を始めた。 
■ 「教育支援資金」利用、高止まり 福祉資金全体は減 県社福協
 県社会福祉協議会の「生活福祉資金」の貸付金額は年々減少する一方、同資金のうちの一つで、奨学金に当たる「教育支援資金」の利用が高止まりしている。2015年度までの5年間で生活福祉資金全体の貸付金額が8割近く減少しているのに対し、教育支援資金に限っては増加。貸し付け対象は主にひとり親世帯で、同社協は「何とか生活できる世帯は増えたが、教育資金までは賄えていない」と分析している。 
2017年3月22日
■ 宇大、付属校改革へ検討委 幼稚園閉園は「選択肢」
 宇都宮大教育学部が付属幼稚園(宇都宮市松原1丁目)の閉園を検討している問題で、同部は21日、教授会を開き、幼稚園を含めた付属学校の今後を検討する委員会を設置することを決めた。付属学校の教員を削減する一方、新たな教育ニーズに対する機能強化などの組織改革を検討し、1年をめどに学部としての結論を出す方針。幼稚園の閉園は選択肢の一つとして議論する。 
■ LRT乗り継ぎ拠点、デュポンが土地売却方針 清原工業団地内
 宇都宮市などがJR宇都宮駅東側で整備を進める次世代型路面電車(LRT)事業の乗り継ぎ拠点の一つ「清原工業団地トランジットセンター」について、米化学大手デュポンの宇都宮事業所(宇都宮市清原工業団地)が整備用地を市に提供する方針であることが21日分かった。同事業所内にある駐車場跡地で、面積約6千平方メートル。事業の進捗(しんちょく)に応じて市に売却する考え。 
■ 子どもたちが熱戦、宇都宮で新囲碁大会 「荒井退造賞」も
 【宇都宮】「第1回小中高校生交流囲碁大会」が20日、明保野町の市総合コミュニティーセンターで開かれた。 
2017年3月21日
■ 渡辺棋王、貫禄の勝利でタイに 宇都宮で棋王戦
 将棋の渡辺明(わたなべ・あきら)棋王(32)に千田翔太(ちだ・しょうた)六段(22)が挑戦している第42期棋王戦(下野新聞社、棋王戦宇都宮対局実行委員会、共同通信社など主催)5番勝負第4局は20日、宇都宮市西原町の宇都宮グランドホテルで指され、午後5時45分、97手で先手の渡辺棋王が勝ち、対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。 
■ 春の彼岸、穏やかに墓参 宇都宮・北山霊園
 春分の日の20日、宇都宮市岩本町の北山霊園には、家族連れらが次々に彼岸の中日の墓参りに訪れた。 
■ 合同企業説明会に学生200人 マロニエプラザ
 来春卒業予定の大学生らを対象にした合同企業説明会「しもつけ就職ガイダンス」(下野新聞社主催)が20日、宇都宮市元今泉6丁目のマロニエプラザで開かれ、約200人が各企業の採用担当者の説明に熱心に耳を傾けた。 
2017年3月20日
■ 栃木SC、2戦連続ドロー 鳥取に1−1
 明治安田J3第2節は19日、各地で残り3試合を行った。栃木SCは鳥取市のとりぎんバードスタジアムで鳥取と対戦し、1−1で開幕戦に続いて引き分けた。 
■ 棋王戦第4局、宇都宮で20日 千田六段か、渡辺棋王か
 第42期棋王戦5番勝負第4局(下野新聞社、棋王戦宇都宮対局実行委員会、共同通信社など主催)が20日、宇都宮市西原町の宇都宮グランドホテルで開かれる。 
■ センバツ開幕、作新・添田主将が選手宣誓
 第89回選抜高校野球大会が19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕。開会式では昨夏覇者としての誇りを胸に、作新・添田真聖(そえだまさと)主将(17)が選手宣誓の大役を務めた。 
2017年3月19日
■ 21、22日にダウン症啓発展 宇都宮・ベルモール
 県、日本ダウン症協会栃木支部(つくしの会)は21〜22日、宇都宮市陽東6丁目のベルモールで啓発展「知ってほしいな ぼくたち わたしたちのこと」を開く。 
■ 斎場跡地の緑地化完了 散策路、休憩所など整備
 【宇都宮】市が整備を進めていた山本町の市斎場跡地の緑地化が完了し18日、同所で使用開始を祝う記念式典が行われた。 
■ 宇都宮でJPT開幕 クリテリウム熱戦に1万人が声援
 自転車ロードレースの「第4回宇都宮クリテリウム」(全日本実業団自転車競技連盟、サイクルスポーツマネージメント主催、下野新聞社など後援)が18日、宇都宮市の清原工業団地内で行われた。1周3・0キロの特設周回コースでは、男女5部門にプロからアマチュアまで計635人が出走した。 
2017年3月18日
■ 目の不自由な人の道しるべ、点字ブロックに理解を 県立盲学校の生徒らが啓発活動
 【宇都宮】18日の「点字ブロックの日」を前に、県立盲学校の生徒や保護者、教員ら35人ほどが17日、JR宇都宮西口で「点字ブロックの上に自転車を置かないで」などのメッセージが入ったポケットティッシュ2千個を駅利用者らに配布した。 
■ 横倉本店のリキュール「まほろば歳時記 梅・桃・桜」が美食女子グランプリで最高賞
 酒類卸の横倉本店(宇都宮市問屋町、横倉正一(よこくらしょういち)社長)のリキュール「まほろば歳時記 梅・桃・桜」が、今月上旬に千葉市で開かれたアジア最大級の国際食品・飲料展FOODEX(フーデックス)JAPAN公式組織主催の「『FOODEX美食女子』美食女子グランプリ2017」で、ドリンク部門のグランプリに選ばれた。 
■ TKC、プレミアムフライデー4月から導入 実施は第1金曜、顧客に配慮
 会計情報サービスのTKC(宇都宮市鶴田町、角一幸(すみかずゆき)社長)は17日、「プレミアムフライデー」を4月から導入すると発表した。同社は「メリハリのある働き方で生産性とサービスの向上を目指す」と導入理由を説明している。 
 
関連サイト
特集
宇都宮餃子特集
■中はジューシー、外はパリパリ、熱々の餃子があなたをまっています。
宇都宮市中心市街地空き店舗情報システム
■宇都宮市中心市街地空き店舗情報システムは、中心市街地の健全な活性化を目指しています。
5月、6月のイベント情報
■7月、8月に宇都宮市内で行われるイベント情報や、ちょっと気になる街なかのお店を紹介します。
パノラマでうつのみや
■宇都宮の街をパノラマで観てみよう!
関連サイト
 
         
 

「うつのみやマップ」は、宇都宮商工会議所・渇コ野新聞社・第一測工鰍フ三者が運営する宇都宮の地域ポータルサイトです。

当サイトはリンクフリーです。リンクする場合はトップページにお願いします。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
バナーを掲載される方は、こちらから取得できます。